ホーム » 未分類

未分類」カテゴリーアーカイブ

メンテナンスとどこに売るかも大事

また動かないバイクの買取にあたっては、バイクの整備記録があると査定にプラスです。修理の履歴も大切な情報です。事故などによる破損、故障による部品の交換など、メンテナンスの履歴がしっかりしているバイクは、プラスの方向で査定されるようです。もともと中古なのですから手入れが行き届いている方がよいからです。購入時の説明書などが残っているとプラスポイントです。これでバッテリーだけの問題だということが分かれば、交換すればよいだけですから。

何処の買取業者に売却するかも大事です。街のバイク販売店、中古バイク買い取り専門店などもあれば、思い切ってインターネットオークションで売る方法もあります。しかし個人間の取引はトラブルがつきもので、売却した後の故障などを巡って問題になる場合がありますので、やはりバイク買い取り専門店に売るのがよいと思います。大手の中古バイク買取業者でバイクの取扱台数も多く実績も豊富なところに任せた方が、よい結果につながると思われます。買取先を選ぶに当たっては、インターネット比較サイトでチェックし、できるだけ複数の大手買取業者に査定を依頼し、競争させて、できるだけよい結果を勝ち取れるようにしましょう。

関連リンク【バイクランド】

高く売るためのコツ

新品だから高く売れる、改造バイクだから安い、ということが確実に言えるわけではなく、その商品の状態にもよるし、季節や流行にも左右されるといえます。まずは純正パーツや改造パーツはそのまま捨ててなければバイクとセットで提供しましょう。人気のあるパーツもあり、査定価格に影響がある場合も考えられるからです。次に案外やってしまうのですが、傷や割れ凹みは自分で直さないほうがよいです。業者によっては修理のプロが揃っており、高く売るための修理方法に精通し、必要な中古パーツも豊富にそろえています。このため自己流でやるよりもその点も任せた方が結果的に経済的です。

それから売却時期に注意することです。この点は事業者に聞くのがよいのですが、一般論として言えば、秋から冬はバイクの買取相場は下がるようです。取引台数も落ち込みますので買取価格も下落する傾向があるようなのです。春から夏が最も高く売れる季節ですが、流通量が多い機種だとそれに関わらず値が下がる可能性があります。

意外と大事なのがメンテナンスです。まず査定を依頼する際はバイクをきれいにしましょう。泥だらけのバイクよりもきれいなバイクの方が査定する側の心証がよくなります。ステッカー等を貼っている場合はできればはがしておいた方がよいでしょう。

動かないバイクの処分と買取

長い間放置していたバイクを売却しようと思い立ち、いざエンジンをかけようとおもったら、全く動かなかったという経験はないでしょうか。押し掛けしたらかかるならまだよくて、押し掛けしてもダメなケースはどうしたらよいでしょうか。実はそのままの状態でも買取自体は不可能ではありません。もちろんエンジンが動かない状態だと査定は低くなりますが、その原因によっても査定結果はだいぶ違ってきます。エンジンの劣化なのか部品が古くなっているだけなのかどこかが詰まっているのか、それともバッテリーの問題なのかによっても結果は変わります。バッテリーの問題だけなら交換すればよいだけですので、その分の費用を差し引かれるくらいで済むかと思います。買取査定の際にバッテリーの問題かもしれないと伝えれば対応してもらえます。
エンジンがまったくかからないバイクを査定に出すには、十分な知識がないと買いたたかれることも考えられます。ただ、今でも人気のある機種の場合は、それが大きなマイナスにはならないこともあります。できるならば複数の事業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。簡易的な査定であれば比較サイトが充実していますし、大手の買取業者であれば条件を指定すると、どのくらいで買い取ってもらえるかある程度目鼻が立ちます。

高く売るためには、できるだけ複数の業者に査定してもらうことです。最初はインターネットで、次に訪問してもらい買取価格を出してもらいましょう。その中で大手業者は外さないほうがよいです。大手同士を価格競争させるのもよい方法です。